不正システムの動き

ロック

ネットワーク上での検知や防御

インターネットの技術が進歩している中で、企業のシステムに対する標的型サイバー攻撃も増加している傾向にあります。標的型サイバー攻撃とは、特定の企業を狙った攻撃であり、企業内の情報資産を狙って攻撃が行われます。標的型サイバー攻撃への対応策としては、入り口対策として、ネットワーク上に不正侵入検知のシステムを導入する方法があります。不正侵入検知のシステムは、ネットワークを通じて企業内に侵入しようとする不正なアクセスを検知して、侵入を防御します。不正侵入検知のシステムとしてアラートを通知する方法と、不正侵入防御のシステムとして不正な侵入を遮断する方法があります。企業の防御の必要性に応じた使い分けが可能です。

監視サービスの利用について

標的型サイバー攻撃に対して、ネットワーク上に不正侵入検知や防御のシステムを導入するためには、専用の機器を設置する必要があります。専用の機器を設置し、機器に設定されたプログラムにより検知や防御を行います。機器の設置の後は、運用は企業のシステムの担当者が行う必要がありますが、専門の業者に監視を依頼することも可能です。専門の業者が監視を行うことにより、企業のシステム担当者の運用の負荷が軽減されるだけではなく、より緻密なセキュリティー対応が可能となります。企業のシステム担当者に対しては、重大な標的型のサイバー攻撃が行われた際には、攻撃に対して防御したという対応の結果のレポートが伝えられることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加